初夢

忘れないように書いておこうと思う

見返すことはないと思うけれど、、、

 

 

1月1日の元旦年が明けて

深夜に就寝

するとめったに見ない悪夢を見て起きた

初夢で悪夢ってやばくない?(汗

 

人生で覚えてるのでも5回以下の悪夢

ちなみにわりと詳細に覚えているので

書いてみる、、、↓↓ 

 

 

 

大阪局のスタジオで入り口を背に

机に座って何か書き物をしていたところ

誰かが入ってきた、、、

 

薫ちゃんかと思い振り向かずに

作業を続けていたら

僕の右側で立ち止まり

じっと見つめる視線を感じた。

 

変に思って視線をあげると

見たこともないおじさん、、、

えっと思ったけれど

ラジオ局のお客さんだと思い

とりあえずあいさつ

「こんにちは」

 

おじさんは真顔で

反応がない、、、

 

 

少し気味が悪くなって

「あの、、、」

何かご用ですかと聞こうと思ったら

何かケースに入った刃物?みたいなものを

喉元めがけて勢いよく狙ってきた

 

それを喉に刺さる前に防いで

押し問答している時に目がさめる、、、

 

 

 

 

 

という夢でした、、、

三日たった今でもこんなに詳細に

覚えているのもすごく気味が悪い、、、、

 

 

今年死ぬのか?(笑)